【プレシーズン第1戦】レイダーズ、31-10でカウボーイズを下す。

オークランド・レイダーズの本拠地オークランド-アラメダカウンティ・コロシアムで行われたプレシーズン初戦はレイダーズがダラス・カウボーイズを 31-10で下した。TEトニー・スチュワート(86)、RBルイス・ランキン(40)、RBゲリー・ラッセル(23)、WRウィル・フランクリン (17)がタッチダウンを挙げた。

前半:カウボーイズがオープニングコイントスに勝利しレシーブを選択。カウボーイズはキックオフリターン時にペナルティがあり、エンドゾーン付近から攻撃するもファーストダウンを取れずパントへ。レイダーズは素早くボールを動かし、相手のパス・インターフェアランスの反則もあり敵陣へ進む。レイダーズは計7プレー、64ヤードのドライブで最後はKセバスチャン・ジャニカウスキー(11)が22ヤードFGを決め、レイダーズ3-0カウボーイズと先制点を挙げる。カウボーイズQBトニー・ロモとオフェンス陣がここから本領発揮する。カウボーイズは計9プレー、 71ヤードのドライブで最後はQBロモがTEジェイソン・ウィッテンをエンドゾーン上で見つけ8ヤードTDパスを決め、残り5:16、レイダーズ3-7カウボーイズと逆転する。第1Q終盤、レイダーズ先発QBジャマーカス・ラッセル(2)に代わり、QBブルース・グラッドコウスキー(5)が途中出場し、反撃を開始。レイダーズは計5プレー、62ヤードのドライブで、QBグラッドコウスキー(5)がTEトニー・スチュワート(86)へ3ヤードTDパスを決め、レイダーズ10-7カウボーイズと再びリード。カウボーイズは敵陣まで進めるもレイダーズFSマイケル・ハフ(24)が敵陣6ヤード(OAK 6)でカウボーイズQBジョン・キトナのパスをインターセプト!その後、両チームともスコアを決めることができず。前半終了直前、カウボーイズKニック・フォークが36ヤードFGを蹴るも失敗に終わる。レイダーズRBマイケル・ブッシュ(29)のランで前半終了。

後半:序盤、レイダーズのルーキーTEブランドン・マイヤーズ(83)が18ヤードパスをキャッチを決め、敵陣3ヤードへ進む。レイダーズRBルイス・ランキン(40)が次のプレーで3ヤードTDランを決める。レイダーズは計8プレー、80ヤードのドライブで第3Q残り11:57、レイダーズ17-7カウボーイズとリードを広げる。カウボーイズは計8プレー、44ヤードのドライブでKデービッド・ブーラーが39ヤードFGを決め、レイダーズ17-10カウボーイズと点差を縮める。レイダーズ-ルーキーWRニック・ミラーがボールをジャグリングしながらも47ヤードパスをキャッチし、敵陣2ヤードへ進む。レイダーズRBゲリー・ラッセル(23)が2プレー後にTDランを決め、第3Q残り4:59、レイダーズ24-10カウボーイズ。カウボーイズオフェンスを3アンドアウトに抑えた後、レイダーズはQBチャーリー・フライ(3)が途中出場。カウボーイズのターンオーバー後、第4Q序盤からQBフライ(3)が活躍、WRウィル・フランクリン(17)に2ヤードTDパスを決め、第4Q残り10:00、レイダーズ31-10カウボーイズ。カウボーイズは再び反撃し敵陣4ヤードまで進めるも、レイダーズディフェンスが4th and 4(OAK 4)のギャンブルを止める。レイダーズはラン攻撃で時間を費やし、プレシーズン初戦を勝利で飾る。

レイダーズは次週の8/22(土)に敵地キャンドルスティック・パーク(カリフォルニア州サンフランシスコ)でサンフランシスコ49ersと対戦する。「バトル・オブ・ベイ」だ!

This article has been reproduced in a new format and may be missing content or contain faulty links. Please use the Contact Us link in our site footer to report an issue.

Advertising