【プレシーズン第2戦】レイダーズ27-31カーディナルズ

081712-mcfadden-cp.jpg

RB#20ダレン・マクファデン(Darren McFadden)は対カーディナルズ戦、10タッチで51ヤードを記録。Photo by Tony Gonzales.

レイダーズがオープニングコイントスに勝利し、レシーブを選択。レイダーズWR#12ジャコビー・フォード(Jacoby Ford)がカーディナルズKジェイ・フィーリーのオープニングキックオフを20ヤードリターンし、レイダーズは自陣14ヤードから攻撃。レイダーズの先発QBは#3カーソン・パーマー(Carson Palmer)。レイダーズの最初のドライブは3アンドアウトに抑えられ、P#2マーケット・キング(Marquette King)の71ヤードパントをカーディナルズCBパトリック・ピーターソンが46ヤードリターンし、カーディナルズは敵陣41ヤードから攻撃。

カーディナルズはQBケビン・コルブを中心に計7プレー、41ヤードのドライブを決め、最後はRBライアン・ウィリアムズが3ヤードTDランを決める。カーディナルズKフェィーリーのエキストラポイントも決まり、第1Q残り10:56、レイダーズ0-7カーディナルズ。

レイダーズWRフォード(12)の24ヤードキックオフリターンでレイダーズは自陣18ヤードから攻撃。レイダーズはカーディナルズのラッフィング・ザ・パッサー、パス・インターフェアランスの反則で得点圏へ進み、K#11セバスチャン・ジャニカウスキー(Sebastian Janikowski)が18ヤードFGを決め、第1Q残り5:36、レイダーズ3-7カーディナルズ。

カーディナルズは18ヤードキックオフリターンを決めるもホールディングの反則があり、自陣7ヤードから攻撃。インテンショナル・グラウンディングの反則後、レイダーズDT#93トミー・ケリー(Tommy Kelly)がエンドゾーンでカーディナルズQBコルブにサックしセーフティーを決め、レイダーズ5-7 カーディナルズ。

レイダーズWRフォード(12)のキックオフリターンでレイダーズは自陣39ヤードから攻撃。レイダーズは計8プレー、38ヤードのドライブを決め、最後は40ヤードFGを決め、第1Q残り0:35、レイダーズ8-7カーディナルズ。

レイダーズのキックオフはタッチバックとなり、カーディナルズは自陣20ヤードから攻撃。レイダーズディフェンスは3rd and 8でサックを決め、カーディナルズを3アンドアウトに抑える。カーディナルズPデイブ・ザストゥディルのパントはレイダーズ42ヤード地点でダウン。

レイダーズの攻撃はQBパーマー(3)のパスをカーディナルズSケリー・ローズが66ヤードインターセプトリターンし、カーディナルズは敵陣5ヤードから攻撃。レイダーズディフェンスはタッチダウンを許さず、フィールドゴールに追い込むもカーディナルズが32ヤードFGを決め、第2Q残り12:39、レイダーズ8-10カーディナルズ。

レイダーズRB#46 ロンイェ・ミラー(Lonyae Miller)のキックオフリターンでレイダーズは自陣22ヤードから攻撃。レイダーズRB#25マイク・グッドソン(Mike Goodson)がファンブルを犯し、カーディナルズが敵陣23ヤードから攻撃。カーディナルズはQBジョン・スケルトンが途中出場。カーディナルズQBスケルトンはFBアンソニー・シャーマンへ3ヤードTDパスを決める。エキストラポイントも決まり、第2Q残り9:55、レイダーズ8-17カーディナルズ。

レイダーズオフェンスはカーディナルズに3アンドアウトに抑えられ、Pキング(2)のパントはカーディナルズスペシャルチームにブロックされカーディナルズSジャスティン・バセルに19ヤードリターンTDを奪われる。エキストラポイントも決まり、第2Q残り8:20、レイダーズ8-24カーディナルズ。

レイダーズCB#29ブライアン・マッカン(Bryan McCann)のキックオフリターン時にスペシャルチームにホールディングの反則があり、レイダーズは自陣7ヤードから攻撃。レイダーズは計14プレー、59ヤードのドライブを決め、最後はKジャニカウスキー(11)が21ヤードFGを決め、第2Q残り0:09、レイダーズ11-24カーディナルズ。

第3Q、レイダーズK#8エディー・カーモナ(Eddy Carmona)のオープニングキックオフをカーディナルズRBウィリアム・パウエルが53ヤードリターンし、カーディナルズは自陣45ヤードから攻撃。カーディナルズQBライアン・リンドリーが途中出場。カーディナルズQBリンドリーのパスをレイダーズCB#35チムディ・チェクワ(Chimdi Chekwa)がインターセプトし、レイダーズは自陣34ヤードから攻撃。レイダーズQB#7マット・ライナート(Matt Leinart)が途中出場。

レイダーズはファーストダウンを1度奪うも、その後カーディナルズディフェンスにパントに追い込まれる。しかし、パント時にカーディナルズスペシャルチームに反則があり、レイダーズがファーストダウンを獲得。レイダーズRBミラー(46)が1ヤードTDランを決める。レイダーズKカーモナ(8)のキックはブロックされ、第3Q残り10:16、レイダーズ17-24カーディナルズ。

カーディナルズKRパウエルのキックオフリターンでカーディナルズは自陣23ヤードから攻撃。カーディナルズは得点に結びつけることができず、レイダーズWR#15デアンドレ・ムハマド(DeAundre Muhammad)のパントリターンでレイダーズは自陣14ヤードから攻撃。レイダーズQBライナート(7)が負傷退場し、QBテレル・プライヤー(6)に交代。レイダーズはパントに追い込まれ、カーディナルズは自陣16ヤードから攻撃。

数プレー後、レイダーズLB#53カール・イへナチョ(Carl Ihenacho)がカーディナルズQBリンドリーからボールを弾き、レイダーズDE#75ホール・デイビス(Hall Davis)がボールを奪い、タッチダウンを決める。第3Q残り0:39、レイダーズ24-24カーディナルズと同点に追いつく。

カーディナルズKRパウエルのキックオフリターンでカーディナルズは自陣27ヤードから攻撃。カーディナルズRBパウエルの9ヤードTDランで第4Q残り11:25、レイダーズ24-31カーディナルズ。

レイダーズはKカーモナ(8)が53ヤードFGを決め、第4Q残り5:36、レイダーズ27-31カーディナルズ。

カーディナルズはラン攻撃で時間を潰し、そのまま試合終了。次週、レイダーズは本拠地O.coコロシアムでデトロイト・ライオンズと対戦する。

This article has been reproduced in a new format and may be missing content or contain faulty links. Please use the Contact Us link in our site footer to report an issue.

Advertising