【第13週】レイダーズ、チャージャーズに2連勝。レイダーズ28-13チャージャーズ

120510-bush-story.jpg


レイダーズRB#29マイケル・ブッシュ( Michael Bush)がチャージャーズSエリック・ウェドルのタックルをかわし、7ヤードTDランを決める。AP Photo

第13週。レイダーズRBマイケル・ブッシュ(29)、RB#20ダレン・マクファデン(Darren McFadden)のランニングバック陣で合計200ヤード近く走り、チャージャーズに対し2001シーズン以来の2連勝を飾り、2002シーズン以来敵地サンディエゴで勝利を収めた。

第1Q:チャージャーズがオープニングコインとスに勝利し、レシーブを選択。レイダーズK#11セバスチャン・ジャニカウスキー(Sebastian Janikowski)のオープニングキックオフをチャージャーズRBダレン・スプロールスがリターンし、チャージャーズは自陣18ヤードから攻撃。

レイダーズディフェンスは一度ファーストダウンを許すもその後3rd and 13の攻撃を止め、パントへ追い込む。チャージャーズPマイク・サイフレスの57ヤードパントをレイダーズWR#15ジョニー・リー・ヒギンズ(Johnnie Lee Higgins)が16ヤードリターンし、レイダーズは自陣30ヤードから攻撃。レイダーズ先発QBは#8ジェイソン・キャンベル(Jason Campbell)。レイダーズはチャージャーズディフェンスに3アンドアウトに抑えられる。チャージャーズRBスプロールスがパントをこぼし、レイダーズSハイラム・ユージーン(Hiram Eugene)がリカバーし、レイダーズは敵陣18ヤードから攻撃。

レイダーズQBキャンベル(8)からWR#18ルイス・マーフィー(Louis Murphy)へのパス、RBマクファデン(20)のラン、QBキャンベル(8)のスクランブルランの後、迎えた4th and 1 (SD 9)、QBキャンベル(8)がRBマイケル・ブッシュ(29)へフェイクハンドオフの後、フィールド左へスクランブルTDランを決める。エキストラポイントも決まり、残り8:35、レイダーズ7-0チャージャーズ。

チャージャーズRBジェイコブ・へスターのキックオフリターンの際にチャージャーズにホールディングの反則があり、チャージャーズは自陣14ヤードから攻撃。3プレー後、レイダーズFS#24マイケル・ハフ(Michael Huff)がチャージャーズQBフィリップ・リバースのパスを15ヤードインターセプトリターンし、レイダーズは敵陣41ヤードから攻撃。

レイダーズは計11プレー、41ヤードのドライブを決め、QBキャンベル(8)からWR#12ジャコビー・フォード(Jacoby Ford)へ4ヤードTDパスを決める。エキストラポイントも決まり、残り0:30、レイダーズ14-0チャージャーズ。チャージャーズRBスプロールスのキックオフリターンでチャージャーズは自陣31ヤードから攻撃。

第2Q:チャージャーズは計9プレー、48ヤードのドライブを決め、Kネイト・ケディングが39ヤードFGを決め、残り11:05、レイダーズ14-3チャージャーズ。レイダーズWRフォード(12)が23ヤードキックオフリターンを決めるもレイダーズにホールディングの反則があり、レイダーズは自陣20ヤードから攻撃。レイダーズRBマイケル・ブッシュ(29)が7ヤードTDランを決め、エキストラポイントも決まり、残り4:07、レイダーズ21-3チャージャーズ。

チャージャーズRBスプロールスがキックオフリターンの際にエンドゾーンでニーダウンし、チャージャーズは自陣20ヤードから攻撃。チャージャーズは敵陣31ヤードへ進めるも、レイダーズディフェンスが4th and 1の攻撃を止め、残り1:37、レイダーズは自陣32ヤードから攻撃。数プレー後、レイダーズRBマクファデン(20)がファンブルを犯し、チャージャーズがリカバー。残り1:08、チャージャーズは敵陣39ヤードから攻撃。

レイダーズは3rd and 3 (OAK 32)の攻撃を止め、迎えた4th and 3、チャージャーズKケディングが50ヤードFGを蹴るも失敗。レイダーズは残り0:27、自陣40ヤードから攻撃。レイダーズQBキャンベル(8)がニーダウンし、前半はレイダーズ21-3チャージャーズで終了。

第3Q:レイダーズ後半最初の攻撃は敵陣まで進めるも得点に結びつけることができず、パント。チャージャーズは自陣15ヤードから攻撃。レイダーズディフェンスは一度ファーストダウンを許すも、その後パントへ追い込み、チャージャーズPサイフレスのパントをレイダーズWRヒギンズ(15)がリターンし、レイダーズは自陣22ヤードから攻撃。

レイダーズは再び敵陣へ攻め込むも得点に結びつける事ができずPレクラー(9)のパントはチャージャーズ17ヤード地点でダウン。チャージャーズはKケディングが33ヤードFGを決め、残り0:44、レイダーズ21-6チャージャーズ。

レイダーズWRフォード(12)のキックオフリターンでレイダーズは自陣25ヤードから攻撃。

第4Q:レイダーズはファーストダウンを決めるも、チャージャーズディフェンスがパントに追い込む。レイダーズPレクラー(9)のパントはエンドゾーンへ入りタッチバックとなる。チャージャーズは自陣20ヤードから攻撃。

チャージャーズは計6プレー、80ヤードのドライブを決め、QBリバースからTEアントニオ・ゲイツへ4ヤードTDパスを決める。エキストラポイントも決まり、残り9:59、レイダーズ21-13チャージャーズ。

レイダーズRB#25ロック・カートライト(Rock Cartwright)のキックオフリターンでレイダーズは自陣38ヤードから攻撃。レイダーズはWRルイス・マーフィー(18)の37ヤードパスキャッチ等で計7プレー、62ヤードのドライブを決め、RBマクファデン(20)が7ヤードTDランを決める。エキストラポイントも決まり、残り4:35、レイダーズ28-13チャージャーズ。

チャージャーズRBへスターのキックオフリターンはエンドゾーンでニーダウンしチャージャーズは自陣20ヤードから攻撃。チャージャーズは得点に結びつけることができず、残り2:57、レイダーズはランプレーで時間を潰し、試合終了。

レイダーズはシーズン通算6勝6敗とし、次週の第14週は敵地ジャクソンビルでジャガーズと対戦する。

This article has been reproduced in a new format and may be missing content or contain faulty links. Please use the Contact Us link in our site footer to report an issue.
Advertising