【第14週】レイダーズ、パッカーズに完敗

121111-recap-story.jpg

WR#18ルイス・マーフィー( Louis Murphy )がレシーブ4回、70ヤードを記録。 AP Photo**

レイダーズがオープニングコイントスに勝利し、レシーブを選択。パッカーズKメイソン・クロスビーのオープニングキックオフはエンドゾーンへ入りタッチバックとなり、レイダーズは自陣20ヤードから攻撃。レイダーズは得点圏へ進めるも、パッカーズLB D.J.スミスがレイダーズQB#3カーソン・パーマー(Carson Palmer* *)のパスをインターセプトリターンし、パッカーズは自陣48ヤードから攻撃。

レイダーズディフェンスがオフサイドの反則を犯した後、パッカーズRBライヤン・グラントが47ヤードTDランを決める。パッカーズKクロスビーのエキストラポイントも決まり、第1Q残り11:57、レイダーズ0-7パッカーズ。

レイダーズは反則の影響でパントに追い込まれ、P#9シェイン・レクラー(Shane Lechler* *)のパントはパッカーズ20ヤード地点でダウン。

パッカーズQBロジャーズは80ヤード進め、最後はTEライヤン・テイラーへ4ヤードTDを決める。エキストラポイントも決まり、第1Q残り4:10、レイダーズ0-14パッカーズ。

レイダーズCBマッカン(32)のキックオフリターンでレイダーズは自陣18ヤードから攻撃。レイダーズは1度ファーストダウンを決めるもパッカーズディフェンスにパントに追い込まれ、Pレクラー(9)の50ヤードパントをパッカーズWRコッブが10ヤードリターンし、パッカーズは自陣26ヤードから攻撃。

パッカーズKクロスビーが34ヤードFGを決め、第2Q残り13:07、レイダーズ0-17パッカーズ。

レイダーズCBマッカン(32)の21ヤードキックオフリターンで、レイダーズは自陣29ヤードから攻撃。レイダーズは3アンドアウトに抑えられ、Pレクラーの65ヤードパントをパッカーズWRコッブがリターンし、パッカーズは自陣16ヤードから攻撃。数プレー後、パッカーズQBロジャーズがWRジョーディー・ネルソンへ37ヤードTDパスを決める。エキストラポイントも決まり、第2Q残り9:14、レイダーズ0-24パッカーズ。

パッカーズCBチャールズ・ウッドソンがレイダーズQBパーマー(3)のパスをインターセプトし、パッカーズは敵陣25ヤードから攻撃。パッカーズRBグラントが6ヤードTDランを決め、この日2度目のTD。エキストラポイントも決まり、第2Q残り7:06、レイダーズ0-31パッカーズ。

レイダーズはパッカーズディフェンスに3アンドアウトに抑えられ、フェイクパントも失敗に終わり、パッカーズは敵陣28ヤードから攻撃。レイダーズS#34マイク・ミッチェル(Mike Mitchell* *)がパッカーズQBロジャーズのパスをエンドゾーンでインターセプトを決める。第2Q残り4:08、レイダーズは自陣20ヤードから攻撃。

レイダーズは敵陣へ進めるも、QBパーマー(3)がこの日3度目のインターセプトをパッカーズに決められ、パッカーズは自陣20ヤードから攻撃。前半はパッカーズが31-0でリード。

後半、パッカーズWRコッブが30ヤードキックオフリターンを決める。レイダーズLB#55ローランド・マクレイン(Rolando McClain* *)がサックを決め、フィールドゴールに追い込むも、パッカーズKクロスビーが38ヤードFGを決め、第3Q残り12:41、レイダーズ0-34パッカーズ。

パッカーズKクロスビーのキックオフはタッチバックとなり、レイダーズは自陣20ヤードから攻撃。レイダーズは計9プレー、80ヤードのドライブを決め、最後はRB#29マイケル・ブッシュ(Michael Bush* *)が2ヤードTDランを決める。レイダーズKジャニカウスキー(11)がエキストラポイントを決め、第3Q残り8:15、レイダーズ7-34パッカーズ。

パッカーズKクロスビーが49ヤードFGを決め、第3Q残り3:31、レイダーズ7-37パッカーズ。

レイダーズは自陣20ヤードから攻めるも2プレー後、レイダーズはファンブルを犯し、パッカーズがリカバーし、そのままTDを決める。エキストラポイントも決まり、第3Q残り2:48、レイダーズ7-43パッカーズ。

レイダーズはパッカーズディフェンスに3アンドアウトに抑えられ、Pレクラーのパントはレイダーズ41ヤード地点でアウトオブバウンズとなる。パッカーズはQBマット・フリンが途中出場。パッカーズKクロスビーが33ヤードFGを決め、第4Q残り14:21、レイダーズ7-46パッカーズ。

レイダーズCBマッカンのキックオフリターンで、レイダーズは自陣11ヤードから攻撃。レイダーズはドライブを進めることができず、Pレクラー(9)の71ヤードパントはパッカーズ1ヤード地点でダウン。

レイダーズディフェンスがパッカーズQBフリンにセイフティーを決め、レイダーズ9-46パッカーズとする。レイダーズはQBパーマー(3)からTE#87ケビン・ボス(Kevin Boss* *)へ5ヤードTDパスを決める。エキストラポイントも決まり、第4Q残り4:43、レイダーズ16-46パッカーズ。

レイダーズディフェンスがパントへ追い込み、レイダーズは自陣34ヤードから攻撃。数プレー後、レイダーズQBパーマー(3)のパスをパッカーズDBサム・シールズがインターセプト。パッカーズが残り時間を潰し、試合終了。

レイダーズはシーズン通算7勝6敗とし、AFC西地区2位に転落。レイダーズは次週本拠地O.coコロシアムでデトロイト・ライオンズと対戦する。

This article has been reproduced in a new format and may be missing content or contain faulty links. Please use the Contact Us link in our site footer to report an issue.
Advertising