【第14週】レイダーズ、終盤に追いつくもジャガーズに惜敗。

第1Q:レイダーズがオープニングコイントスに勝利し、レシーブを選択。レイダーズWR#12ジャコビー・フォード(Jacoby Ford)がジャガーズKジョシュ・スコビーのオープニングキックオフを塩素ゾーンでキャッチしそのままニーダウンし、レイダーズは自陣20ヤードから攻撃。レイダーズ先発QBは#8ジェイソン・キャンベル(Jason Campbell)。レイダーズ最初の攻撃はジャガーズディフェンスに3アンドアウトに抑えられ、レイダーズP#9シェイン・レクラー(Shane Lechler)の41ヤードパントでジャガーズは自陣33yハードから攻撃。

レイダーズディフェンスはジャガーズ最初の攻撃を3アンドアウトに抑えパントに追い込む。ジャガーズPアダム・ポドレシュのパントでレイダーズは自陣31ヤードから攻撃。レイダーズRB#20ダレン・マクファデン(Darren McFadden)の67ヤードキャッチアンドランでレイダーズが先制TDを挙げる・レイダーズK#11セバスチャン・ジャニカウスキーがエキストラポイントを決め、残り10:28、レイダーズ7-0ジャガーズ。レイダーズは計3プレー、69ヤードのドライブを決める。

ジャガーズRBデジ・カリムのキックオフリターンでジャガーズは自陣33ヤードから攻撃。ジャガーズは敵陣へ進めるもレイダーズLB#96カメリオン・ウィンブリー(Kamerion Wimbley)がジャガーズQBデイビッド・ギャラードにQBサックを決め、パントに追い込む。ジャガーズのパントはレイダーズ5ヤード地点でダウン。

レイダーズはジャガーズディフェンスに3アンドアウトに抑えられ、Pレクラー(9)のパントで、残り5:56、ジャガーズは50ヤードから攻撃。レイダーズディフェンスはジャガーズをパントへ追い込み、レイダーズWRヒギンズ(15)がジャガーズPポドレシュのパントをフェアキャッチし、レイダーズは自陣11ヤードから攻撃。レイダーズはイリーガルフォーメーションの反則を取られ、ファーストダウンならずパント。ジャガーズWRマイク・トーマスのパントリターンで、ジャガーズは敵陣46ヤードから攻撃。

第2Q:ジャガーズは第1Q終盤から計7プレー、45ヤードのドライブを決め、最後はQBギャラードからTEメルセデス・ルイスへ1ヤードTDランを決め、残り11:56、レイダーズ7-7ジャガーズ。

レイダーズWRフォード(12)のキックオフリターンでレイダーズは自陣18ヤードから攻撃。レイダーズは計10プレー、74ヤードのドライブを決め、Kジャニカウスキー(11)が26ヤードFGを決め、残り6:25、レイダーズ10-7ジャガーズ。

レイダーズはジャガーズからインターセプトを決め、残り4:10、レイダーズは自陣21ヤードから攻撃。レイダーズはQBキャンベル(8)からWR#18ルイス・マーフィー(18)へ8ヤードTDパスを決める。エキストラポイントも決まり、残り0:19、レイダーズ17-7ジャガーズ。

ジャガーズは24ヤードキックオフリターンを決め、残り0:12、自陣29ヤードから攻撃。 ジャガーズは得点を決めることができず、そのまま試合終了。

第3Q:ジャガーズTEザック・ミラーのキックオフリターンでジャガーズは自陣43ヤードから攻撃。数プレー後、ジャガーズQBギャラードがWRジェイソン・ヒルへ48ヤードTDパスを決める。エキストラポイントも決まり、残り12:47、レイダーズ17-14ジャガーズ。

レイダーズはRBマクファデン(20)が51ヤードTDランを決める。エキストラポイントも決まり、残り11:21、レイダーズ24-14ジャガーズ。

レイダーズのキックオフはタッチバックとなり、ジャガーズは自陣20ヤードから攻撃。レイダーズディフェンスはジャガーズを3アンドアウトに抑え、レイダーズWRヒギンズ(15)がジャガーズPポデルシュのパントをリターンし、レイダーズは自陣37ヤードから攻撃。レイダーズはジャガーズにパントに追い込まれ、Pレクラー(9)のパントでジャガーズは自陣18ヤードから攻撃。

数プレー後、ジャガーズRBラシャード・ジェニングスが74ヤードTDランを決める。エキストラポイントも決まり、残り6:44、レイダーズ24-21ジャガーズ。

レイダーズWRフォード(12)がキックオフリターン中にファンブルし、ジャクソンビルがレイダーズ22ヤード地点でリカバー。ジャガーズはWRマイク・シムズ-ウォーカーが10ヤードTDレシーブを決める。エキストラポイントも決まり、残り3:44、レイダーズ24-27ジャガーズ。

ジャガーズのキックオフはエンドゾーンでバウンドしタッチバックとなる。レイダーズは3アンドアウトに抑えられ、Pレクラーのパントはジャガーズ38ヤード地点でアウトオブバウンズとなる。

第4Q:ジャガーズは第3Q終盤からの攻撃でKスコビーが19ヤードFGを決め、残り11:22、レイダーズ24-31ジャガーズ。

レイダーズWRフォードのキックオフリターンでレイダーズは自陣27ヤードから攻撃。3rd and Long、レイダーズQBキャンベル(8)がジャガーズディフェンスからヘルメットヒットを受け、退場。ジャガーズはラッフィング・ザ・パッサーの反則を受け、レイダーズはQB#7 カイル・ボーラー(Kyle Boller)が途中出場。数プレー後、レイダーズQBボーラーのパスをジャガーズがインターセプトし、ジャガーズは自陣35ヤードから攻撃。

レイダーズはジャガーズオフェンスを3アンドアウトに抑え、レイダーズWRヒギンズ(15)がジャガーズPポデルシュのパントをリターンし、レイダーズは自陣17ヤードから攻撃。レイダーズはQBキャンベルがフィールドに戻り、数プレー後、RBマクファデン(20)がタックルを受けながらも36ヤードTDランを決める。レイダーズKジャニカウスキー(11)がエキストラポイントを決め、残り1:53、レイダーズ31-31ジャガーズ。

ジャガーズKRカリムの65ヤードキックオフリターンで、ジャガーズは敵陣30ヤードから攻撃。ジャガーズRBモーリス・ジョーンズ-ドリューが30ヤードTDランを決める。ジャガーズKスコビーがエキストラポイントを決め、残り1:34、レイダーズ31-38ジャガーズ。

レイダーズWRフォード(12)のキックオフリターンでレイダーズは自陣40ヤードから攻撃。レイダーズは敵陣30ヤードへ進めるも時間が足りず、そのまま試合終了。

レイダーズはシーズン通算6勝7敗とし、次週はホームでデンバー・ブロンコスと対戦する。

This article has been reproduced in a new format and may be missing content or contain faulty links. Please use the Contact Us link in our site footer to report an issue.
Advertising