【第14週】レイダーズ13-34レッドスキンズ

第14週、本拠地オークランド-アラメダカウンティ・スタジアムで行われた対ワシントン・レッドスキンズ戦、レイダーズは13-34と完敗した。

第1Q:レイダーズがオープニングコイントスに勝利しレシーブを選択。レイダーズRB#22ゲリー・ラッセル(Gary Russell*)がレッドスキンズKグラハム・ガノのオープニングキックオフを11ヤードリターンし、レイダーズは自陣11ヤードから攻撃。レイダーズ先発QBはブルース・グラドカウスキー(5)。レイダーズはQBグラドカウスキー(5)からRBラッセル(22)へのパスでファーストダウンを奪うも、レッドスキンズにパントに追い込まれる。レイダーズP#9シェーン・レクラー(Shane Lechler *)の68ヤードパントはエンドゾーン上でバウンドしタッチバックとなる。

レッドスキンズの先発QBはジェイソン・キャンベル。DE/LB#91トレバー・スコット(Trevor Scott*)が今季6度目となるサックを決めレッドスキンズを3アンドアウトに抑える。レッドスキンズPハンター・スミスの56ヤードパントをレイダーズWR#15ジョニー・リー・ヒギンズ(Johnnie Lee Higgins *)が9ヤードリターンし、レイダーズは自陣39ヤードから攻撃。

レイダーズはミッドフィールドまでヤードを進めるも得点に結びつけることができず、Pレクラー(9)がパント。レッドスキンズWRアントワン・ランドエルがフェアキャッチし、レッドスキンズは自陣24ヤードから攻撃。レイダーズディフェンスは再び3アンドアウトに抑え、レッドスキンズPスミスがパント。レイダーズWRヒギンズ(15)がフェアキャッチし、レイダーズは自陣19ヤードから攻撃。a

レイダーズは計5プレー、56ヤードのドライブを決め、最後はK#11セバスチャン・ジャニカウスキー(Sebastian Janikowski*)が34ヤードFGを決め、残り4:12、レイダーズ3-0レッドスキンズ。このキープレーはQBグラドカウスキー(5)がRB#20ダレン・マクファデン(Darren McFadden *)へショートパスを決め、RBマクファデン(20)が48ヤードランを決め、敵陣23ヤードへ進んだことから得点に繋がった。

レッドスキンズWRデヴィン・トーマスがキックオフリターンし、レッドスキンズは自陣23ヤードから攻撃。レッドスキンズは計7プレー、77ヤードのドライブを決め、QBキャンベルがTEフレッド・デイビスへ6ヤードTDパスを決めた。レッドスキンズKガノがエキストラポイントを決め、残り0:13、レイダーズ3-7レッドスキンズ。レッドスキンズTEデイビスがTD後のパフォーマンスでアンスポーツマンライクコンダクトの反則を取られ、レッドスキンズは自陣15ヤードからキックオフ。

レイダーズRBラッセル(22)のキックオフリターンで、レイダーズはミッドフィールドから攻撃。レイダーズQBグラドカウスキー(5)からRBマクファデン(20)へ26ヤードパスを決める。

第2Q:レイダーズ、第1Q終盤から計8プレー、50ヤードのドライブを決め、最後はRB#25ジャスティン・ファーガス(Justin Fargas*)が4th and Goalの場面で1ヤードTDランを決める。レイダーズKジャニカウスキー(11)がエキストラポイントを決め、残り11:14、レイダーズ10-7レッドスキンズ*。

レイダーズKジャニカウスキー(11)のキックオフはエンドゾーン上まで飛びタッチバックとなる。レッドスキンズは計7プレー、52ヤードのドライブでKガノが46ヤードFGを決め、残り7:27、レイダーズ10-10レッドスキンズ

レイダーズRBラッセルがキックオフリターン時にファンブルし、オークランド12ヤード地点でアウトオブバウンズとなる。レッドスキンズはレイダーズを3アンドアウトに抑え、レイダーズPレクラー(9)が58ヤードパント、レッドスキンズは自陣21ヤードから攻撃。

レイダーズディフェンスはレッドスキンズを3アンドアウトに抑え、レッドスキンズPスミス50ヤードパント。レイダーズWRヒギンズ(15)がリターンし、レイダーズは自陣40ヤードから攻撃。3rd and 2、レイダーズQBグラドカウスキー(5)からWR#18ルイス・マーフィー(Louis Murphy* *)へ27ヤードパスを決めるが、リプレーで判定が覆される。

レイダーズPレクラー(9)のパントの際にレイダーズスペシャルチームに2つ反則があり、レッドスキンズは自陣40ヤードから攻撃。レッドスキンズQBキャンベルがTEデイビスへ17ヤードTDパスを決める。レッドスキンズKガノがエキストラポイントを決め、残り0:56、レイダーズ10-17レッドスキンズ

レイダーズRBラッセル(22)の24ヤードキックオフリターンの際にレイダーズスペシャルチームにホールディングの反則があり、レイダーズは自陣14ヤードから攻撃。レイダーズはミッドフィールドへ進め、Kジャニカウスキー(11)が65ヤードFGを蹴るも失敗。前半はレッドスキンズが17-10とリードし、ハーフタイムを迎える。

第3Q:レッドスキンズWRトーマスのオープニングキックオフリターンでレッドスキンズは自陣30ヤードから攻撃。レイダーズディフェンスは後半最初のドライブを抑え、パントへ追い込む。レイダーズQBグラドカウスキー(5)が第2Q終盤に怪我をしたため、QB#2ジャマーカス・ラッセル(JaMarcus Russell*)が途中出場。レイダーズQBラッセル(2)は敵陣までヤードを進め、Kジャニカウスキー(11)が54ヤードFGを決める。残り8:49、レイダーズ13-17レッドスキンズ*。

レッドスキンズWRトーマスのキックオフリターンでレッドスキンズは自陣25ヤードから攻撃。レイダーズディフェンスはレッドスキンズを3アンドアウトに抑え、レッドスキンズPスミスがパント。レイダーズWRヒギンズ(15)が18ヤードキックオフリターンを決め、レイダーズは自陣49ヤードから攻撃。レイダーズは得点に結びつけることができず、Pレクラー(9)が53ヤードパント、エンドゾーンでバウンドしタッチバックとなる。レッドスキンズRBクイントン・ギャンサーを中心に敵陣45ヤードへ進んだところで第3Q終了。

第4Q:レッドスキンズRBクイントン・ギャンサーが1ヤードTDランを決める。レッドスキンズKガノがエキストラポイントを決め、残り11:22、レイダーズ13-24レッドスキンズ

レッドスキンズのキックオフはエンドゾーンでバウンドしタッチバックとなり、レイダーズは自陣20ヤードから攻撃。レイダーズQBラッセル(2)はWR#81チャズ・シレンズ(Chaz Schilens* *)へディープパスを投げるも、レイダーズSラロン・ランドリーがインターセプト。レイダーズ-トム・ケーブルHCがチャレンジするも、判定はインターセプト。

レッドスキンズは敵陣41ヤードから攻撃し、パス攻撃でヤードを進め、RBギャンサーが1ヤードTDランを決める。エキストラポイントも決まり、残り9:42、レイダーズ13-31レッドスキンズ

レッドスキンズのキックオフはエンドゾーンでバウンドしタッチバックとなり、レイダーズは自陣20ヤードから攻撃。レイダーズはファーストダウンを奪うことができず、パント。レッドスキンズがパントをファンブルし、レイダーズTE#86トニー・スチュワート(Tony Stewart* *)がミッドフィールドでファンブルリカバー。

レイダーズはヤードを進めることができず、4th and 15でのギャンブルも失敗。レッドスキンズKガノがFGを決め、残り2:47、レイダーズ13-34レッドスキンズ

レイダーズは得点に結びつけることができず、レッドスキンズが2度ニーダウンし試合終了。

レイダーズはシーズン4勝9敗とし、次週は敵地インベスコ・フィールドでデンバー・ブロンコスと対戦する。

This article has been reproduced in a new format and may be missing content or contain faulty links. Please use the Contact Us link in our site footer to report an issue.

Advertising