【第17週】レイダーズ13-21レイベンズ

本拠地オークランド-アラメダカウンティ・コロシアムで行われた対ボルティモア・レイベンズ戦、レイダーズは21-13で敗れ2009シーズンを終えた。QB#3チャーリー・フライ(Charlie Frye* *)が前半のみで180ヤード、1TDパスを記録するも怪我のため途中退場した。レイダーズは後半の2ターンオーバーが尾を引き、試合の流れを変えることができなかった。

第1Q:レイベンズがオープニングコイントスに勝利しディフェンスを選択。レイダーズRB#22ゲリー・ラッセル(Gary Russell*)がレイベンズKビリー・カンディフのオープニングキックオフを19ヤードリターンし、レイダーズは自陣20ヤードから攻撃。レイダーズ先発QBはチャーリー・フライ(3)。レイダーズは自陣46ヤードまで攻めるもパントに追い込まれ、プロボウルP#9シェーン・レクラー(Shane Lechler *)が54ヤードパントを蹴り、エンドゾーンでバウンドしタッチバックとなる。

レイベンズは自陣20ヤードから攻撃。レイベンズ先発QBはジョー・フラーコ。レイダーズディフェンスは一度ファーストダウンを許すも、その後パントに追い込む。レイベンズPサム・コッチのパントをレイダーズWR#15ジョニー・リー・ヒギンズ(Johnnie Lee Higgins* *)はキャッチせず、オークランド22ヤード地点でダウン。

レイベンズはレイダーズを3アンドアウトに抑え、レイベンズCBクリス・カーがレイダーズPレクラー(9)の52ヤードパントをリターンし、レイベンズは自陣26ヤードから攻撃。レイベンズは計8プレー、74ヤードのドライブを決め、最後はRBウィリス・マゲヒーが2ヤードTDランを決める。レイベンズKカンディフがエキストラポイントを決め、残り3:47、レイダーズ0-7レイベンズ

レイダーズRB#45マーセル・リース(Marcel Reece* *)のパントリターンでレイダーズは自陣20ヤードから攻撃。レイダーズはQBフライ(3)のパス攻撃を中心に敵陣19ヤードへ進む。

第2Q:レイダーズは計11プレー、61ヤードのドライブを決め、最後はK#11セバスチャン・ジャニカウスキー(Sebastian Janikowski*)が37ヤードFGを決め、残り14:49、レイダーズ3-7レイベンズ*。

レイベンズRBジェイレン・パーメルのキックオフリターンで、レイベンズは自陣28ヤードから攻撃。レイダーズディフェンスは3rd and 15(BAL 46)の攻撃を止め、レイベンズPコッチのパントをレイダーズWRヒギンズ(15)がフェアキャッチし、レイダーズは自陣18ヤードから攻撃。レイダーズは敵陣45ヤードまで攻めるがレイベンズディフェンスにパントに追い込まれる。フォーススタートの反則の後、Pレクラー(9)のパントはボルティモア5ヤード地点でダウン。

2プレー後、レイベンズRBマゲヒー右サイドラインへ77ヤードTDランを決める。レイベンズKカンディフのエキストラポイントも決まり、残り3:54、レイダーズ3-14レイベンズ

レイダーズRBゲリー・ラッセル(22)のキックオフリターンで、レイダーズは自陣21ヤードから攻撃。レイダーズは計8プレー、79ヤードのドライブで、QBフライ(3)がTE#80ザック・ミラー(Zach Miller*)へ13ヤードTDパスを決め、残り0:47、レイダーズ10-14レイベンズ*。

レイベンズRBパーメルのキックオフリターンで、レイベンズは敵陣43ヤードから攻撃。7プレー後、レイベンズKカンディフが37ヤードFGをミスし、前半終了。

第3Q:レイベンズRBパーメルのオープニングキックオフでレイベンズは自陣31ヤードから攻撃。レイダーズディフェンスはレイベンズ後半最初の攻撃を3アンドアウトに抑える。レイベンズPコッチのパントはオークランド20ヤード地点でアウトオブバウンズとなる。しかしレイダーズにホールディングの反則があり10ヤードの罰退、自陣10ヤードから攻撃。レイダーズQBフライ(3)が負傷退場のため、QB#2ジャマーカス・ラッセル(JaMarcus Russell* *)が後半から途中出場。

レイダーズは自陣41ヤードへ進めるもドライブが止まりパント。レイダーズPレクラー(9)の59ヤードパントをレイベンズCBカーがリターンするもレイベンズスペシャルチームに反則があり、レイベンズは自陣20ヤードから攻撃。レイダーズS#24マイケル・ハフ(Michael Huff*)、S#34マイク・ミッチェル(Mike Mitchell *)が3rd and 8の場面でレイベンズQBフラーコをサックしパントへ追い込む。レイダーズWRヒギンズ(15)がパントリターンし、レイダーズは自陣48ヤードから攻撃。

レイダーズは計9プレー、31ヤードのドライブで、Kジャニカウスキー(11)が39ヤードFGを決め、残り4:06、レイダーズ13-14レイベンズ。このフィールドゴールはKジャニカウスキー(11)にとってキャリア1000得点目となる。

レイベンズRBパーメルのキックオフリターンでレイベンズは自陣34ヤードから攻撃。レイダーズディフェンスはレイベンズを3アンドアウトに抑える。レイベンズPコッチのパントをレイダーズWRヒギンズ(15)がリターンし、レイダーズは自陣27ヤードから攻撃。レイダーズQBラッセル(2)のパスをレイベンズがインターセプトリターンし、残り0:17、レイベンズは敵陣17ヤードから攻撃。

第4Q:レイベンズRBマゲヒーが1ヤードTDランを決め点差を広げる。エキストラポイントも決まり、残り13:16、レイダーズ13-21レイベンズ

レイダーズRBゲリー・ラッセル(22)がキックオフリターンをエンドゾーンでニーダウンしタッチバックとなる。レイダーズのドライブをQBラッセル(2)がサックを受けファンブルし終わる。レイベンズがボルティモア23ヤード地点でファンブルリカバー。レイベンズは敵陣33ヤードまで進み、Kカンディフが51ヤードFGを蹴るも失敗。残り3:43、レイダーズは自陣41ヤードから攻撃。

レイダーズは得点に結びつけることができず、Pレクラーのパントをレイベンズがフェアキャッチし、レイベンズは自陣9ヤードから攻撃。レイベンズはミッドフィールドまでヤードを進め、最後はQBフラーコがニーダウンし試合終了。

レイダーズは2009シーズンを5勝11敗で終えた。

This article has been reproduced in a new format and may be missing content or contain faulty links. Please use the Contact Us link in our site footer to report an issue.

Advertising