【第3週】レイダーズ、スティーラーズに逆転勝利。レイダーズ34-31スティーラーズ.

092312-gamecenter-cp.jpg

第1Q、レイダーズRB#20ダレン・マクファデン(Darren McFadden) が64ヤードTDランを決め、7-7の同点にする。

第3週、オークランド・レイダーズは本拠地でピッツバーグ・スティーラーズと対戦し、試合終了間際にK#11セバスチャン・ジャニカウスキー(Sebastian Janikowski)が43ヤードFGを決め、34-31で今季初勝利を挙げた。RBダレン・マクファデン(20)は64ヤードTDランを決め、キャリア10度目となる1試合100ヤード超えを記録。TE#82リチャード・ゴードン(Richard Gordon)はキャリア初のTDレシーブを決めた。

スティーラーズがオープニングコイントスに勝利し、後半での選択権を得る。レイダーズはレシーブを選択。レイダーズFB#45マーセル・リース(Marcel Reece)のキックオフリターンでレイダーズは自陣41ヤードから攻撃。レイダーズQB#3カーソン・パーマー(Carson Palmer)からWRデナリアス・ムーア(17)へのパスをスティーラーズSライアン・クラークがインターセプトリターンし、スティーラーズは敵陣36ヤードから攻撃。

スティーラーズQBベン・ロスリスバーガーからTEヒース・ミラーへ4ヤードTDパスを決め、第1Q残り11:33、レイダーズ0-7スティーラーズ。

レイダーズRBグッドソン(25)がキックオフをエンドゾーンでニーダウンし、レイダーズは自陣20ヤードから攻撃。レイダーズはRBダレン・マクファデン(20)が64ヤードTDランを決める。レイダーズKセバスチャン・ジャニカウスキー(11)がエキストラポイントを決め、第1Q残り10:33、レイダーズ7-7スティーラーズ。

レイダーズDB#28フィリップ・アダムズ(28)がスティーラーズRBクリス・レイニーのキックオフリターンを止め、スティーラーズは自陣19ヤードから攻撃。スティーラーズは81ヤードのドライブを決め、最後はTEミラーが4ヤードTDレシーブを決める。エキストラポイントも決まり、第1Q残り3:49、レイダーズ7-14スティーラーズ。

レイダーズはスティーラーズに3アンドアウトに抑えられ、P#9シェイン・レクラー(Shane Lechler)が60ヤードパント。スティーラーズWRアントニオ・ブラウンが22ヤードリターンし、スティーラーズは敵陣48ヤードから攻撃。レイダーズディフェンスがスティーラーズを3アンドアウトに抑え、スティーラーズPドリュー・バトラーのパントをレイダーズDBアダムズ(28)がフェアキャッチし、レイダーズは自陣14ヤードから攻撃。

レイダーズはスティーラーズディフェンスに3アンドアウトに抑えられる。スティーラーズWRブラウンがパントリターンTDを決めるもスティーラーズスペシャルチームに複数の反則があり、スティーラーズは自陣18ヤードへ後退。

レイダーズディフェンスがスティーラーズをパントに追い込み、自陣40ヤードから攻撃。レイダーズはまたしてもスティーラーズディフェンスに3アンドアウトに抑えられ、Pレクラー(9)がパント。スティーラーズWRブラウンがスティーラーズ14ヤード地点でフェアキャッチするも、スティーラーズスペシャルチームに反則があり、スティーラーズは自陣8ヤードから攻撃。

数プレー後、スティーラーズRBジョナサン・ドイヤーをDT#90デズモンド・ブライアント(Desmond Bryant)がタックルしファンブルフォースし、CB#23ホぜリオ・ハンソン(Joselio Hanson)がリカバーし、レイダーズは敵陣30ヤードから攻撃。レイダーズはQBパーマー(3)がWR#18ダリアス・ヘイワード-ベイ(Darrius Heyward-Bey)へ3ヤードTDパスを決める。エキストラポイントも決まり、第2Q残り1:54、レイダーズ14-14スティーラーズ。

レイダーズKジャニカウスキー(11)のキックオフはタッチバックとなり、スティーラーズは自陣20ヤードから攻撃。スティーラーズが前半終了直前に33ヤードFGを決め、前半はレイダーズ14-17スティーラーズで終了。

レイダーズKジャニカウスキー(11)のオープニングキックオフはタッチバックとなり、スティーラーズは自陣20ヤードから攻撃。数プレー後、スティーラーズWRマイク・ウォレスが22ヤードTDキャッチを決め、第3Q残り11:40、レイダーズ14-24スティーラーズ。

レイダーズRBグッドソン(25)の50ヤードキックオフリターンでレイダーズは敵陣48ヤードから攻撃。レイダーズQBパーマー(3)は計10プレー、48ヤードのドライブを決め、最後はTEリチャード・グッドソン(82)へ1ヤードTDパスを決める。エキストラポイントも決まり、第3Q残り6:35、レイダーズ21-24スティーラーズ。

レイダーズはオンサイドキックを蹴るもアウトオブバウンズとなり、スティーラーズは敵陣48ヤードから攻撃。数プレー後、スティーラーズWRブラウンが11ヤードパスをキャッチしエンドゾーンへ入る前にレイダーズがボールを弾くもブラウンが自らのファンブルをエンドゾーンでリカバーしタッチダウン。エキストラポイントも決まり、レイダーズ21-31スティーラーズ。

レイダーズは自陣20ヤードから攻撃し、QBパーマー(3)を中心に敵陣へ攻め入る。レイダーズWRダリアス・ヘイワード-ベイ(85)がゴールラインでスティーラーズDB陣と交錯し退場。レイダーズQBパーマー(3)からWR#17デナリアス・ムーア(Denarius Moore)へ6ヤードTDパスを決める。エキストラポイントも決まり、第4Q残り12:13、レイダーズ28-31スティーラーズ。

スティーラーズRBレイニーのキックオフリターンでスティーラーズは自陣22ヤードから攻撃。3プレー後、スティーラーズWRブラウンがボールキャッチ後、レイダーズCB#26パット・リー(Pat Lee)がファンブルフォースし、LBフィリップ・ウィーラー(52)がリカバーし、レイダーズは自陣36ヤードから攻撃。

レイダーズは計10プレーで50ヤード進め、Kジャニカウスキー(11)が32ヤードFGを決める。第4Q残り6:30、レイダーズ31-31スティーラーズと同点に追いつく。

レイダーズのキックオフはエンドゾーンを超え、タッチバックとなり、スティーラーズは自陣20ヤードから攻撃。レイダーズディフェンスは1度ファーストダウンを許すも、その後パントへ追い込む。レイダーズDBアダムズ(28) のパントリターンでレイダーズは自陣25ヤードから攻撃。

レイダーズは敵陣26ヤードまで進め、Kジャニカウスキー(11)が43ヤードFGを決めレイダーズ34-31スティーラーズで試合終了。

レイダーズはシーズン通算1勝2敗とし、次週は敵地デンバーでブロンコスと対戦する。

This article has been reproduced in a new format and may be missing content or contain faulty links. Please use the Contact Us link in our site footer to report an issue.

Advertising