【第4週】レイダーズ29-6とテキサンズに完敗

100409-johnson-pick.jpg


オークランド・レイダーズは第4週、敵地リライアント・スタジアムでヒューストン・テキサンズと対戦し、29-6で敗れた。

前半:テキサンズがオープニング・コイントスに勝利しレシーブを選択。両チームとも最初のドライブはパントを繰り返し、テキサンズが計6プレー、61ヤードのドライブで最後はKクリス・ブラウンが26ヤードFGを決め、第1Q残り8:06、レイダーズ0-3テキサンズ。

 テキサンズRBスティーブ・スレイトンのファンブルをレイダーズディフェンスがリカバーし、レイダーズK#11セバスチャン・ジャニカウスキー(Sebastian Janikowski )が47ヤードFGを決め、第1Q残り2:33、レイダーズ3-3テキサンズ。

テキサンズは計6プレー、53ヤードのドリア部で最後はKブラウンが34ヤードFGを決め、第2Q残り14:57、レイダーズ3-6テキサンズ。

テキサンズはその後、計6プレー、67ヤードのドライブで最後はRBスレイトンが32ヤードTDランを決める。テキサンズKブラウンのエキストラポイントを決め、第2残り10:39、レイダーズ3-13テキサンズ。

テキサンズはQBマット・シュワーブの18ヤードTDパスをRBスレイトンがエンドゾーンへ持ち込み追加点を挙げる。テキサンズKブラウンのエキストラポイントも決まり、第2Q残り8:13、レイダーズ3-20テキサンズ。

レイダーズは計13プレー、64ヤードのドライブで最後はKジャニカウスキー(11)が33ヤードFGを決め第2Q残り2:05、レイダーズ6-20テキサンズ。

前半はレイダーズ6-20テキサンズでテキサンズがリードし前半終了。 後半:第3Q残り9:00、レイダーズ自陣1ヤードからの攻撃で、テキサンズはレイダーズRB#25ジャスティン・ファーガス(Justin Fargas )をエンドゾーンで止め、セーフティーを決めレイダーズ6-22テキサンズ。

第3Q残り8:53、レイダーズのキックオフをテキサンズKRジェイコビー・ジョーンズが99ヤードキックオフリターンTDを決める。テキサンズKブラウンのエキストラポイントも決まり、残り8:41、レイダーズ6-29テキサンズ。

その後両チームとも得点に結びつけることができず、第4Q残り1:30、テキサンズQBシュワーブが3度ニーダウンをし試合終了。

レイダーズはシーズン1勝3敗とし、次週は敵地ジャイアンツ・スタジアムでニューヨーク・ジャイアンツと対戦する。

This article has been reproduced in a new format and may be missing content or contain faulty links. Please use the Contact Us link in our site footer to report an issue.

Advertising