【第5週】レイダーズ、チャージャーズを35-27で下し今季2勝目を挙げる

101010-blocked-punt-story.jpg

パントをブロックするレイダーズ。AP Photo.

オークランド・レイダーズは13連敗中のサンディエゴ・チャージャーズに対し、35-27で勝利。QB#8ジェイソン・キャンベル(Jason Campbell*)が負傷退場の先発QB#5ブルース・グラドカウスキー(Bruce Gradkowski )に代わり、途中出場し逆転勝利に導いた。第4Q終盤、SS#33タイヴォン・ブランチ(Tyvon Branch )がダメ押しの64ヤードファンブルリカバリーTDランを決めた。RB#29マイケル・ブッシュ(Michael Bush *)はキャリー26回、104ヤード、1TDランを記録した。

第1Q:チャージャーズがオープニングコイントスに勝利しレシーブを選択。チャージャーズはキックオフリターンの後、自陣23ヤードから攻撃。レイダーズディフェンスはチャージャーズを3アンドアウトに抑える。RB#25ロック・カートライト(Rock Cartwright*)がチャージャーズPマイク・サイフレスのパントをブロックし、レイダーズがセーフティーを決めレイダーズ2-0チャージャーズと先制点を挙げる。チャージャーズのキックオフはアウトオブバウンズとなり、レイダーズはミッドフィールドから攻撃。レイダーズは計5プレー、18ヤードのドライブでK#11セバスチャン・ジャニカウスキー(Sebastian Janikowski *)が50ヤードFGを決め、残り12:03、レイダーズ5-0チャージャーズ。

チャージャーズRBダレン・スプロールスのキックオフリターンはタッチバックとなり、自陣20ヤードから攻撃。レイダーズディフェンスは再び3アンドアウトに抑え、チャージャーズPサイフレスがパント。レイダーズは再びパントをブロックし、S#31ハイラム・ユージーン(Hiram Eugene* *)がボールを拾いそのままタッチダウンを決める。エキストラポイントも決まり、残り10:33、レイダーズ12-0チャージャーズ。

レイダーズのキックオフはタッチバックとなり、チャージャーズは自陣20ヤードから攻撃。チャージャーズは敵陣1ヤードへ進めるもマイク・トルバートがファンブルを犯し、レイダーズS#34マイク・ミッチェル(Mike Mitchell*)がファンブルリカバーし自陣14ヤードへリターン。レイダーズはチャージャーズディフェンスに3アンドアウトに抑えられ、P#9シェイン・レクラー(Shane Lechler *)が63ヤードパントを蹴り、チャージャーズは自陣28ヤードから攻撃。

レイダーズDE#77マット・シュワネスィー(Matt Shaughnessy*)がチャージャーズQBフィリップ・リバースをサックしファンブルを誘発するとDT#92リチャード・シーモア(Richard Seymour *)がファンブルリカバーし、レイダーズは自陣19ヤードから攻撃。レイダーズQBグラドカウスキー(5)がサックを受けファンブル。チャージャーズがファンブルリカバーし敵陣へリターンするもレイダーズがチャレンジし、判定が覆りインコプリートパスとなる。QBグラドカウスキー(5)が負傷退場し、QBジェイソン・キャンベル(8)が途中出場。

第2Q:レイダーズはファーストダウンを決めることができず、Pレクラー(9)のパントをチャージャーズRBスプロールズがリターンし、チャージャーズは自陣23ヤードから攻撃。

チャージャーズはQBリバースからTEアントニオ・ゲイツへ19ヤードTDパスを決める。エキストラポイントも決まり、残り10:07、レイダーズ12-7チャージャーズ。

レイダーズWRジェイコビー・フォード(Jacoby Ford* *)がキックオフリターン時にファンブルするも、レイダーズが自陣36ヤード地点でリカバー。レイダーズは3アンドアウトに抑えられ、Pレクラー(9)のパントをチャージャーズRBスプロールスがフェアキャッチし、自陣19ヤードから攻撃。

レイダーズはチャージャーズを3アンドアウトに抑えるも、パント時にラッフィング・ザ・パンターの反則を取られファーストダウンを奪われる。チャージャーズは計8プレー、81ヤードのドライブでトルバートが5ヤードTDランを決める。エキストラポイントも決まり、残り4:49、レイダーズ12-14チャージャーズ。

レイダーズWRフォード(12)のキックオフリターンでレイダーズは自陣33ヤードから攻撃。レイダーズKジャニカウスキー(11)が30ヤードFGを決め、残り0:58、レイダーズ15-14チャージャーズ。チャージャーズは第2Q終了直前にKネイト・ケディングが43ヤードFGを決め、残り0:01、レイダーズ15-17チャージャーズ。

第3Q:両チームがパントで攻撃権を交代した後、レイダーズは3アンドアウトに抑えられ、4th and 2の場面でギャンブルを選択するも失敗。チャージャーズはWRマルコム・フロイドが41ヤードTDパスをキャッチ。エキストラポイントも決まり、残り7:38、レイダーズ15-24チャージャーズ。

レイダーズは計12プレー、97ヤードのドライブでQBキャンベル(8)からTE#80ザック・ミラー(Zach Miller* *)へ1ヤードTDパスを決める。エキストラポイントも決まり、残り1:12、レイダーズ22-24チャージャーズ。

レイダーズのキックオフはタッチバックとなり、チャージャーズは自陣20ヤードから攻撃。

第4Q:チャージャーズは計9プレー、63ヤードのドライブでKケディングが34ヤードFGを決め、残り12:00、レイダーズ22-27チャージャーズ。

レイダーズは計14プレー、73ヤードのドライブでRBマイケル・ブッシュ(29)が3ヤードTDランを決め、逆転。レイダーズは2ポイントコンバージョンを選択するも失敗。残り3:39、レイダーズ28-27チャージャーズ。

レイダーズS#24マイケル・ハフ(Michael Huff* *)がチャージャーズQBリバースをサックし、SSタイヴォン・ブランチ(33)が64ヤードファンブルリカバーTDランを決めダメ押し点を挙げる。レイダーズディフェンスがチャージャーズ終盤の攻撃を抑え、レイダーズQBキャンベル(8)がニーダウンし試合終了。

レイダーズはシーズン通算2勝3敗とし、次週はサンフランシスコ49ersと対戦する。

This article has been reproduced in a new format and may be missing content or contain faulty links. Please use the Contact Us link in our site footer to report an issue.
Advertising