【第5週】レイダーズ、テキサンズを25-20で下す

100911-helmet-story.jpg


プレゲームでは故オーナー-アル・デイビスのトリビュートと黙祷が捧げられた。レイダーズK#11セバスチャン・ジャニカウスキー(Sebastian Janikowski)はキャリア初のなる50ヤード以上のFGを3度決め、WR#85ダリアス・ヘイワード-ベイ(Darrius Heyward-Bey)はクリティカルなタッチダウンを決めた。試合終了直前にFS#24マイケル・ハフ(Michael Huff)が試合を終らせるインターセプトを決め、レイダーズがテキサンズを25-20で破った。

レイダーズがオープニングコイントスに勝利し、レシーブを選択。レイダーズWR#12ジャコビー・フォード(Jacoby Ford)が28ヤードキックオフリターンを決め、レイダーズは自陣21ヤードから攻撃。レイダーズQB#8ジェイソン・キャンベル(Jason Campbell)が先発。レイダーズ最初の攻撃は3アンドアウトに抑えられ、P#9シェイン・レクラー(Shane Lechler)がパント。テキサンズWRジャコビー・ジョーンズのキックリターン時にレイダーズスペシャルチームに反則があり、テキサンズは自陣35ヤードから攻撃。テキサンズは10プレーで65ヤード進め、QBマット・シュワーブからWRケビン・ウォルターへ5ヤードTDパスを決める。エキストラポイントも決まり、第1Q残り8:09、レイダーズ0-7テキサンズ。

レイダーズWRフォード(12)の21ヤードキックオフリターンでレイダーズは自陣14ヤードから攻撃。レイダーズは3アンドアウトに抑えられ、Pレクラー(9)が61ヤードパントを蹴り、テキサンズWRジョーンズが14ヤードリターンし、テキサンズは自陣37ヤードから攻撃。レイダーズディフェンスは1度ファーストダウンを許すも、DT#79ジョン・ヘンダーソン(John Henderson)が弾いたボールをDE#99ラマー・ヒューストン(Lamarr Houston)が15ヤードインターセプトし、レイダーズは敵陣35ヤードから攻撃。レイダーズはKセバスチャン・ジャニカウスキー(11)が54ヤードFGを決め、第1Q残り3:26、レイダーズ3-7テキサンズ。

レイダーズはテキサンズを3アンドアウトに抑え、レイダーズLBブルース・デイビスがテキサンズPブレット・ハートマンのパントをブロックし、テキサンズ39ヤード地点でリカバー。レイダーズはKジャニカウスキー(11)が55ヤードFGを決め、第2Q残り14:55、レイダーズ6-7テキサンズ。

レイダーズディフェンスは1度ファーストダウンを許すもテキサンズをパントに追い込む。テキサンズのパントはレイダーズ3ヤード地点でダウンするもレイダーズに反則があり、レイダーズは自陣2ヤードから攻撃。レイダーズQBキャベル(8)がWRフォード(12)へディープパスを投げるもテキサンズDBジェイソン・アレンにインターセプトされる。テキサンズQBシュワーブがTEジョエル・ドリーセンへ56ヤードTDパスを決める。エキストラポイントも決まり、第2Q残り11:57、レイダーズ6-14テキサンズ。

レイダーズWRフォード(12)のキックオフリターンはエンドゾーンでニーダウンしタッチバックとなり、レイダーズは自陣20ヤードから攻撃。テキサンズはレイダーズを3アンドアウトに抑え、レイダーズPレクラー(9)の44ヤードパントはテキサンズ38ヤード地点でアウトオブバウンズとなる。

その後、両チームともパントを交換し、レイダーズはQBキャンベル(8)がWRダリアス・ヘイワード-ベイ(85)へパスを決め、WRヘイワード-ベイ(85)がタックルを交わし、エンドゾーンへ34ヤードTDキャッチを決める。2ポイントコンバージョンは失敗に終わり、第2Q残り1:09、レイダーズ12-14テキサンズ。

レイダーズディフェンスはパントに追い込み、残り0:15、レイダーズQBキャンベル(8)が右サイドラインにいるWR#17デナリアス・ムーア(Denarius Moore)へのパスはオーバースローでインコンプリートとなる。WR#80デレク・ヘイガン(Derek Hagan)へのディープパスも失敗に終わる。第4Q残り0:02、3rd and 10、レイダーズQBキャンベル(8)からWRフォード(12)へ22ヤードパスを決めたところで、前半終了。

レイダーズWRジャコビー・ジョーンズ(12)がレイダーズKジャニカウスキー(11)のキックオフをリターンし、テキサンズは自陣31ヤードから攻撃。両チームともパントを交換。レイダーズは計11プレーで37ヤードのドライブを決め、Kジャニカウスキー(11)が50ヤードFGを決める。第3Q残り3:12、レイダーズ15-14テキサンズ。

テキサンズDBダニエール・マニングがキックオフリターンを決めテキサンズは自陣10ヤードから攻撃。テキサンズKニール・ラッカーズが54ヤードFGを決め、第3Q残り1:59、レイダーズ15-17テキサンズ。

レイダーズQBジェイソン・キャンベル(8)が計61ヤードのドライブを決め、最後にWRチャズ・シレンズ(81)へ18ヤードTDパスを決める。第4Q残り14:50、レイダーズ22-17テキサンズ。

レイダーズのキックオフはエンドゾーンを超えアウトオブバウンズとなり、テキサンズは自陣20ヤードから攻撃。レイダーズディフェンスはテキサンズを3アンドアウトに抑え、テキサンズPハートマンのパントをレイダーズWRムーア(17)がショートリターンし、レイダーズは自陣30ヤードから攻撃。テキサンズは3アンドアウトに抑えるも、レイダーズRB#25ロック・カートライト(Rock Cartwright)がパント時にフェイクパントを決め、35ヤードのゲイン。レイダーズKジャニカウスキー(11)が42ヤードFGを決め、第4Q残り10:00、レイダーズ25-17テキサンズ。

レイダーズディフェンスはテキサンズを3アンドアウトに抑え、レイダーズWRムーア(17)が21ヤードパントリターンを決め、レイダーズは敵陣40ヤードから攻撃。レイダーズは3アンドアウトに抑えられ、レイダーズPレクラー(9)のパントをテキサンズWRジャコビー・ジョーンズがテキサンズ7ヤード地点でフェアキャッチ。

テキサンズはKラッカーズが40ヤードFGを決め、第4Q残り2:56、レイダーズ25-20テキサンズ。

テキサンズのキックオフはエンドゾーンへ入りタッチバックとなり、レイダーズは自陣20ヤードから攻撃。レイダーズはテキサンズディフェンスに3アンドアウトに抑えられ、レイダーズPレクラー(9)がパント。

テキサンズは敵陣5ヤードへ進み、第4Q残り0:07、テキサンズQBマット・シュワーブがエンドゾーンへ投げたパスをレイダーズFSマイケル・ハフ(24)がインターセプトし試合終了。

レイダーズはシーズン通算3勝2敗とし、次週は本拠地O.coコロシアムでクリーブランド・ブラウンズと対戦する。

This article has been reproduced in a new format and may be missing content or contain faulty links. Please use the Contact Us link in our site footer to report an issue.
Advertising