【第7週】レイダーズ、ブロンコスに59-14と大勝。

102410-mcfadden-story.jpg

第7週、敵地インベスコフィールドatマイルハイ(コロラド州デンバー)で行われた対ブロンコス戦、レイダーズは59-14とブロンコスに圧勝。レイダーズRB#20ダレン・マクファデン(Darren McFadden*)が4TDを決める大活躍。レイダーズCB#37クリス・ジョンソン(Chris Johnson *)はインターセプトリターンTDを決めた。レイダーズはこの試合で歴代最多得点を記録した。

第1Q:レイダーズがコイントスに勝利し、レシーブを選択。レイダーズWR#12ジェイコビー・フォード(Jacoby Ford*)がタッチバックを選択し、レイダーズは自陣20ヤードから攻撃。レイダーズ先発QBは#8ジェイソン・キャンベル(Jason Campbell )。レイダーズはQBキャンベル(8)からTE#80ザック・ミラー(Zach Miller )へ43ヤードTDパス。レイダーズは計9プレー、80ヤードのドライブを決める。レイダーズK#11セバスチャン・ジャニカウスキー(Sebastian Janikowski *)がエキストラポイントを決め、残り10:44、レイダーズ7-0ブロンコス。

レイダーズKジャニカウスキー(11)のキックオフはエンドゾーンへ入りタッチバックとなる。レイダーズCBクリス・ジョンソン(37)がブロンコスQBカイル・オートンのパスをインターセプトし、30ヤードインターセプトTDを決める。レイダーズKジャニカウスキー(11)がエキストラポイントを決め、残り10:36、レイダーズ14-0ブロンコス。

レイダーズKジャニカウスキーのキックオフはエンドゾーンへ入りタッチバックあとなる。レイダーズDE#99ラマー・ヒューストン(Lamarr Houston* *)がファンブルリカバーし、レイダーズは敵陣21ヤードから攻撃。レイダーズは計3プレー、21ヤードのドライブを決め、最後はRBマクファデン(20)が4ヤードTDランを決める。レイダーズKジャニカウスキー(11)がエキストラポイントを決め、残り8:58、レイダーズ21-0ブロンコス。

レイダーズのキックオフはタッチバックとなり、ブロンコスは自陣20ヤードから攻撃。ブロンコスは敵陣43ヤードへ進めるも4th and 1でのコンバージョンに失敗し、攻守交代。レイダーズKジャニカウスキーが31ヤードFGを決め、残り4:20、レイダーズ24-0ブロンコス。

レイダーズのキックオフは再びタッチバックとなり、ブロンコスは自陣20ヤードから攻撃。レイダーズディフェンスはLB#96カメリオン・ウィンブリー(Kamerion Wimbley*)が今季3度目のサックを決め、ブロンコスを3アンドアウトに抑える。レイダーズWRニック・ミラー(Nick Miller *)ga

15ヤードパントリターンを決め、レイダーズは自陣43ヤードから攻撃。

第2Q:レイダーズQBキャンベル(8)からRBマクファデン(20)へスクリーンパスを決め、RBマクファデンがTDを決める。レイダーズKジャニカウスキー(11)がエキストラポイントを決め、残り14:36、レイダーズ31-0ブロンコス。

ブロンコスはキックオフの際にファンブルするも自陣10ヤードへリターン。レイダーズディフェンスはブロンコスを3アンドアウトに抑える。レイダーズWRミラー(89)のパントリターンでレイダーズは自陣31ヤードから攻撃。レイダーズは敵陣へ進めるもパントに追い込まれ、P#9シェイン・レクラー(Shane Lechler* *)がパントを蹴り、ブロンコス14ヤード地点でダウン。

2プレー後、レイダーズS#34マイク・ミッチェル(Mike Mitchell* *)がブロンコスQBオートンのファンブルをリカバーし、レイダーズは敵陣14ヤードから攻撃。レイダーズRBマクファデン(20)が4ヤードTDランを決め、この試合3度目のTDを挙げる。エキストラポイントも決まり、残り7:58、レイダーズ38-0ブロンコス。

レイダーズのキックオフはタッチバックとなり、ブロンコスは自陣20ヤードから攻撃。レイダーズディフェンスはブロンコスを3アンドアウトに抑え、レイダーズWRミラー(89)のパントリターンでレイダーズは自陣35ヤードから攻撃。ブロンコスはレイダーズを3アンドアウトに抑え、攻撃権を得た後、QBオートンが7ヤードTDパスを決める。ブロンコスK マット・プレイターがエキストラポイントを決め、残り1:56、レイダーズ38-7ブロンコス。

レイダーズはラン攻撃で時間を潰し、前半は38-7でレイダーズのリードで終了。

第3Q:ブロンコスKRエリック・デッカーのオープニングキックオフリターンでブロンコスは自陣36ヤードから攻撃。ブロンコスQBオートンがRBモリーノへ27ヤードスクリーンTDパスを決める。エキストラポイントも決まり、レイダーズ38-14ブロンコス。

レイダーズFB#45マーセル・リース(Marcel Reece* *)が4th and 1の場面で1ヤードTDランを決め、レイダーズは80ヤードのドライブを決める。レイダーズKジャニカウスキー(11)がエキストラポイントを決め、残り7:33、レイダーズ45-14ブロンコス。

レイダーズディフェンスはDT#93トミー・ケリー(Tommy Kelly* *)のサック等でブロンコスを3アンドアウトに抑える。レイダーズWRミラー(89)のパントリターンでレイダーズは自陣43ヤードから攻撃。レイダーズRBマクファデン(20)が57ヤードTDランを決める。レイダーズKジャニカウスキー(11)がエキストラポイントを決め、残り5:28、レイダーズ52-14ブロンコス。

レイダーズディフェンスは再びブロンコスを3アンドアウトに抑え、レイダーズは自陣32ヤードから攻撃。レイダーズRB#29マイケル・ブッシュ(Michael Bush* *)が1ヤードTDランを決める。レイダーズKジャニカウスキー(11)がエキストラポイントを決め、レイダーズ59-14ブロンコス。

第4Q:レイダーズはブロンコスを3アンドアウトに抑え、WRミラー(89)のパントリターンで、敵陣49ヤードから攻撃。レイダーズQB#7カイル・ボーラー(Kyle Boller* *)が途中出場。

レイダーズは3アンドアウトに抑えられ、S#31ハイラム・ユージーンがPレクラー(9)のパントをブロンコス1ヤード地点でダウン。レイダーズディフェンスはブロンコスを3アンドアウトに抑える。レイダーズWRミラー(89)のパントリターンの際にレイダーズにホールディングの反則があり、レイダーズは自陣23ヤードから攻撃。レイダーズは敵陣42ヤードへ進めるもブロンコスがパントへ追い込む。レイダーズのパントはエンドゾーンでバウンドしタッチバックとなる。しかし、ブロンコスにホールディングの反則があり、ブロンコスは自陣10ヤードから攻撃。

This article has been reproduced in a new format and may be missing content or contain faulty links. Please use the Contact Us link in our site footer to report an issue.
Advertising