【第8週】レイダーズ、後半の粘りも及ばずチャージャーズに24-16で敗れる。

第1Q:レイダーズがオープニングコイントスに勝利、レシーブを選択。レイダーズCB/KR#23ジョナサン・ホランド(Jonathan Holland*)がチャージャーズKネイト・ケディングのオープニングキックオフを22ヤードリターンし、レイダーズは自陣28ヤードから攻撃。レイダーズはRBマイケル・ブッシュ(29)のラン、QB#2ジャマーカス・ラッセル(JaMarcus Russell *)からTEザック・ミラー(80)への5ヤードパス、RBジャスティン・ファーガス(25)の6ヤードでミッドフィールドまで進むも、次のプレーでQBラッセル(2)のパスをチャージャーズCBアントニオ・クロマティにインターセプトされる。攻守交代し、チャージャーズは自陣41ヤードから攻撃。

2プレー後、チャージャーズRBラデイニアン・トムリンソンがダイレクトスナップを取り、そのまま6ヤードTDランを決める。チャージャーズKケディングがエキストラポイントを決め、残り11:13、レイダーズ0-7チャージャーズ

レイダーズCBホランド(23)のキックオフリターンでレイダーズは自陣21ヤードから攻撃。レイダーズは3アンドアウトに抑えられ、パントへ。レイダーズP#9シェーン・レクラー(Shane Lechler* *)のパントをチャージャーズRBダレン・スプロールズがリターンしチャージャーズは自陣29ヤードから攻撃。

チャージャーズはミッドフィールドまでヤードを進めるが、レイダーズディフェンスがパントに追い込む。チャージャーズPマイク・サイフレスの35ヤードパントはオークランド11ヤードでダウン。レイダーズは再び3アンドアウトに抑えられる。レイダーズPレクラー(9)のパントをチャージャーズRBスプロールズがリターンし、チャージャーズは自陣37ヤードから攻撃。

レイダーズCB#37クリス・ジョンソン(Chris Johnson* *)がチャージャーズQBフィリップ・リバースからWRヴィンセント・ジャクソンへのパスをインターセプトリターン。リターン後にチャージャーズに反則がありレイダーズは敵陣27ヤードから攻撃。レイダーズはRBブッシュ(29)、RBファーガス(25)のランで敵陣9ヤードへ進めたところで第1Q終了。

第2Q:レイダーズは計7プレー、27ヤードのドライブで最後はRB#25ジャスティン・ファーガス(Justin Fargas*)が3ヤードTDランを決める。レイダーズK#11セバスチャン・ジャニカウスキー(Sebastian Janikowski )がエキストラポイントを決め、残り13:40、レイダーズ7-7チャージャーズ*と同点に追いつく。

チャージャーズRBスプロールズのキックオフリターンでチャージャーズは自陣22ヤードから攻撃。チャージャーズQBフィリップ・リバースがWRヴィンセント・ジャクソンへショートTDパスを決め追加点を挙げる。エキストラポイントも決まり、残り6:09、レイダーズ7-14チャージャーズ

レイダーズCBホランド(23)のキックオフリターンでレイダーズは自陣25ヤードから攻撃。チャージャーズディフェンスはレイダーズを3アンドアウトに抑える。レイダーズPレクラー(9)が69ヤードパントを蹴り、ボールはエンドゾーンでバウンドしタッチバックとなる。チャージャーズは自陣20ヤードから攻撃し、計8プレー、80ヤードのドライブを決める。最後はトムリンソンが2度目のTDランをきめる。残り0:54、レイダーズ7-21チャージャーズ

レイダーズCBホランド(23)が60ヤードキックオフリターンを決め、レイダーズは敵陣37ヤードから攻撃。レイダーズは残り0:11、Kジャニカウスキー(11)が48ヤードFGを決め、レイダーズ10-21チャージャーズ。チャージャーズRBスプロールズがキックオフをエンドゾーン上でニーダウンし、タッチバックとなる。チャージャーズQBリバースがニーダウンし前半終了。

第3Q:チャージャーズRBスプロールズがオープニングキックオフをエンドゾーン上でニーダウンし、タッチバック。チャージャーズは自陣20ヤードから攻撃。レイダーズは3rd and 19の攻撃を止め、チャージャーズPサイフレスがパント。

レイダーズWR#15ジョニー・リー・ヒギンズ(Johnnie Lee Higgins*)のパントリターン中にチャージャーズに反則があり、レイダーズは自陣47ヤードから攻撃。レイダーズは計8プレー、29ヤードのドライブで最後はKジャニカウスキー(11)が42ヤードFGを決め、残り9:09、レイダーズ13-21チャージャーズ*。

チャージャーズRBスプロールズのキックオフリターンでチャージャーズは自陣38ヤードから攻撃。レイダーズディフェンスは一度ファーストダウンを許すも、その後パントへ追い込む。チャージャーズPサイフレスの34ヤードパントをレイダーズWRヒギンズ(15)がフェアキャッチし、レイダーズは自陣17ヤードから攻撃。

レイダーズはファーストダウンを奪えず、Pレクラー(9)がパント。チャージャーズRBスプロールズのパントリターン中にファンブルを犯し、レイダーズがファンブルリカバー。レイダーズは自陣47ヤードから攻撃。レイダーズはRBファーガスのラン、QBラッセル(2)からWRヒギンズ(15)への6ヤードパス、QBラッセル(2)からRBブッシュ(29)へのショートパス、WRルイス・マーフィー(18)のリバースプレー等で敵陣18ヤードへ進み第3Q終了。

第4Q:レイダーズは敵陣10ヤードへ進め、Kジャニカウスキー(11)が28ヤードFGを決める。レイダーズは計11プレー、43ヤードのドライブで、残り12:39、レイダーズ16-21チャージャーズとする。

チャージャーズは計15プレー、83ヤードのドライブで最後はKケディングが27ヤードFGを決め、残り4:43、レイダーズ16-24チャージャーズ

レイダーズCBホランド(23)が21ヤードキックオフリターンを決め、レイダーズは自陣26ヤードから攻撃。レイダーズの最後のドライブは4th and 20の場面でのコンバージョンを決められず、残り0:54、チャージャーズに攻撃権が渡る。チャージャーズQBリバースが2度ニーダウンし試合終了。

レイダーズはシーズン2勝6敗とし、次週はバイウィーク。第10週の11/15(日)、本拠地オークランド-アラメダカウンティ・コロシアムでカンザスシティ・チーフスと対戦する。

This article has been reproduced in a new format and may be missing content or contain faulty links. Please use the Contact Us link in our site footer to report an issue.

Advertising