QBジェイソン・キャンベル(8)インタビュー

052710campbell-story.jpg

Q: (オフェンシブコーディネーターの)ヒュー[ジャクソン]がディフェンスと話し、特にナムディ[アソムワ]に何か要望しているを聞いた?

キャンベル: 練習とはそういうものだ。試合では常に気合が入っているし、選手達は競争する。皆が全速力でプレーするけど、練習でもそう。自分達のレベルをあげるためにプレーし、お互いプッシュし合う事が大事。ディフェンスはディフェンスふぇ良いプレーをしなければならないし、俺達オフェンスも同じ。俺達はプレーするためにお金ももらってるわけで、自分達の能力を練習から証明していかなければならない。

Q: あなたもヒューもチームに来てまだ少ししか経っていない。お互いどうチームに溶け込もうとしている?

キャンベル: ヒューは選手達を鼓舞するタイプ。だからフィールド上では常に血気盛んで選手達に対し常にフルスピードでプレーするよう求めるし、だらけた練習をさせない。でも試合の時は実際そうなんだし、逆に練習の時に速くやっていいたら試合で遅くかんじることもあるから良い事だよね。コーチは俺に色々と早く覚えさせようとしているし、同時に自分も早く適応していかなければならない。練習中はずっと立ってやっているし、休んだりさぼる時間もない。これは全てビジネスで、自分達の仕事は1試合1試合勝つことだ。

Q:ヒューは完璧主義者?

キャンベル: そうだね、俺達は皆完璧を目指している。完璧だろうと完璧でなかろうと、もう少しで完璧だろうと、常に完璧を目指せばもっと高い率(パスコンプリート率)を上げる事ができる。俺達は毎日完璧を目指すよう練習している。才能ある若手も多いけど、賢い選手達も多いよ。フットボールIQが高い選手はチームを成長あせる。

Q: どうやって短期間でレシーバー達との関係を築いていってる?

キャンベル: レシーバーの選手達の好きな所は言った事をしっかりやってくれる。彼らは決して不満を言わないし、ぐちゃぐちゃ考えない。ただラインアップしてプレーを決めてくれる。今日は一人一人ディープルートを走ってもらったけど誰も文句を言わなかったよ。彼らはただボールをキャッチしリズムを上げていったよ。QBとレシーバーの関係は練習のパスで信頼関係が築いていくものだからね。

Q: レイダーズに移籍して最初のシーズンになるけれども、ベテラン選手として選手達から信頼は得ている?

キャンベル: 過去数年に渡ってNFLで先発の経験もあるし、ディフェンスに関しては自分の知識をディフェンス陣に話しどう適応していくか話したりしている。自分達は新しいシステムを一緒になって学んでいるところ。しかし同時に、俺自身ディフェンスのフォーメーションを多少知っている事もあるから練習中少しスローに感じる事もある、だから焦点をオフェンスに集中している。

This article has been reproduced in a new format and may be missing content or contain faulty links. Please use the Contact Us link in our site footer to report an issue.

Advertising